冬のスムージーは冷え性の元。冬にオススメのホットスムージーの作り方。

4酵素が美容に良いという情報が、最近では浸透してきましたよね。
酵素を摂取する為に、忙しい朝の朝食はスムージーなんて女性も多いのではないでしょうか。
もちろん、酵素は身体にも美容にも良い成分なんですが、寒い時期にスムージーを摂取する事は、冷え性を加速させる行為になりかねない事をご存じですか?
冷たいスムージーを飲むことで、内臓から冷えてしまう『内臓冷え』が起こってしまうんですって。
内臓冷えは深刻な症状で、不妊や代謝・血流の悪さに繋がるとても恐ろしい冷え性なんです。そんな内臓冷えを防ぐために、冬は温かいスムージーを飲むのが流行っているみたい。
皆さんも、冬の朝食は『ホットスムージー』に変えてみませんか?ホットスムージーというのは、文字通り加熱して温めるので、熱に弱い酵素は死んでしまいます。
でも、酵素以外にスムージーを加熱する事で更に上がる効果があるんです。その1つが抗酸化力です。
飲みやすい味になる事や、βカロテンが豊富なのでスムージーに使われることの多いにんじん。
にんじんに含まれるβカロテンを、冷えた状態と温めた状態で比較した実験では、温めた方が含有率が上がるというデータがあるんです。つまり、同じ量のにんじんを使っても、ホットスムージーの方がβカロテンの抗酸化効果を多く摂取できるという事。
また、スムージーにたくさん含まれている水溶性食物繊維のペクチンも、含有量が増えるんですって。腸で働く善玉菌も、冷たい環境よりも温かい方が活発に働くので、美腸の為にはスムージーはホットで飲むのが正解なんです。冬の寒ーい朝、あったかいスムージーで冷え性知らずのキレイなお姉さんになっちゃいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>